最初は失敗!2回目で成功した眉毛アートメイクのクリニック選び。

女性のお顔

これは私がアートメイクをしたときの体験談です。
アートメイクをやってみたいけど、悩んでいる女性って多いと思うのでお役に立てばと思い、お話します。

私は20代の会社員です。
子供の頃から眉毛が薄いことがコンプレックスで、どうにかキレイな眉毛を手に入れたいとずっと思っていました。

もともと、アートメイクには興味が有ったものの、勇気が無くてやってなかったんです。
そしたら友達が通っている個人の方のサロンで、アートメイクをしていて一緒にやってみようよと誘われたのでやってみることに。

眉が薄いことが悩みではあるものの、太くなり過ぎないように、優しく自然な仕上がりでお願いしたんですが・・・

海苔みたいに濃くて左右が非対称に。後悔しました。

やってもらった初日に鏡を見たところ、思っていたよりも細めで、海苔みたいにすごく濃くなっていてビックリしました。よく見ると左右も非対称で、左眉の方が上がって見えます。

サロンの方は、施術中も顔の表情筋の関係で左が上がりやすく左右対称になりづらいと言って、何回も書き直していました。

色に関しては、「1週間くらい経てば落ち着きます。」とは言っていましたが、ショックで鏡を見るのも憂鬱な状態になり、昼間は外に出られずほぼ引きこもりの状態に。

アートメイクが医療行為である事すら知らなかった・・・

女性の笑顔

外に出られない間、アートメイクについて改めてネットで色々調べました。

まず衝撃だったのが、アートメイクは医療行為にあたるので医師または医師の管理下のもと専門知識を習得した看護師か、准看護師しか施術できないという風に法律で定められているということです。

そんなことも知らずにアートメイクしましたが、恐らくあのサロンの方は医師の免許は持っていないはずです。

眉毛の黄金比についても、サロンで施術前にそんな話は一切出ませんでした。出来上がりを改めてみると黄金比とかは、完全に無視されているように見えます。

私の眉の施術内容は、どうやら2Dという眉頭から眉尻まで均等に色を入れるやり方で、昔から有る塗りつぶしたような仕上がりになるやり方でした。

いまは3Dグラデーションや4Dと呼ばれる眉毛1本1本を再現した上で、パウダー状に色を埋めるようなやり方でより立体的に見せる施術の方が主流のようです。

そう考えると、まだ2回目の施術は残っているものの、修正も含めてきちんとやってくれるクリニックを探そうと決めました。

医療アートメイクのクリニック選びのポイント

私なりに色々調べた結果、下記のポイントを外さないようにクリニックを選ぶことを決めました。

・医師が在籍しているクリニックであること(できれば女性の医師)
・3D・4Dなど最先端の医療技術を持っていること
・MRIに対応した色素を使用していること
・施術前のカウンセリングをきちんと行っていること


その結果、医療アートメイクをきちんと行っているクレアクリニックが良いなと考えました。

クレアクリニックは新宿本院と渋谷院と2つあり、どちらも駅から徒歩5分と駅近です。私の家からは新宿の方が30分以内で行けて、他のサロンで失敗したアートメイクの修正も出来るというお話でした。

あとはやっぱり金額。通常、アイブロー(眉)は2回に分けての施術になりますが、今はモニター価格で通常価格が12万円のところ、半額近くまで安く施術が可能という事でした。これが結構大きかったかもしれません。

他のクリニックと比べても安くて、施術の内容は変わらないようなので、まずは無料カウンセリングを予約してみました。

 

クレアクリニックの特長

クリニックの受付

クレアクリニックはもともと医療脱毛ですごく実績のある女性専用のクリニックで、医師や看護師の方などスタッフ全員が女性です。

クリニック院長

新宿本院の院長で治療責任者の上浦さん。

カウンセリングの様子

カウンセリングは、ドクターによる皮膚に関する医療的なカウンセリングと、カウンセラーの方とアートメイクに関するお話やクリニックのことや料金のことなどについてお話をするWカウンセリングで安心です。

私は前回の失敗を教訓に、なりたい眉毛のイメージ写真をカウンセリングの時に見てもらいました。イメージ写真は佐々木希さんのようなふんわり・柔らかいイメージです(笑)
他のサロンで失敗したアートメイクの状態を見てもらい、それでも私のイメージ通りに出来るということで安心しました。
クリニックの内部 さっそく施術をしてもらうことにしたのですが、カウンセリングルーム、施術ルーム、メイクルーム、全てが完全個室になっていて、プライバシーやリラックスできる環境づくりへの配慮が感じられます。


 

施術の内容・結果

施術の様子

前回の失敗で思っていたより細くなっていたことが逆に良かったようで、全体的にもう少し太めにしてもらい、マイクロブレーディング+シェーディング(4D)で自毛も活かしながら眉毛を1本1本再現した上で、パウダー状に色を埋めるやり方で立体的に仕上げてもらいました。

痛みもほとんどなく、たぶん2時間くらいだと思いますがあっという間に終わった感じです。

施術後に自分の眉毛を見て感動!本物の眉毛みたく自然な毛並みでふんわり・柔らかい感じですが、きちんと眉毛が生えています!

施術後1週間くらいで瘡蓋みたいな角質がはがれて、少しずつ色が薄くなってきて、4週間後に2回目の施術をしました。

前回よりも少し太めにしてもらいたかったので、カウンセラーの方に伝えてデザインの調整をしてもらいました。今回もキレイな仕上がりで大満足!前回と同じように痛みはあまり感じませんでした。

施術は2回で終了し、その後メイクをしたりクレンジングで落としたりしていますが、色が薄くなる事もなく、メイクの時間も短くなり、本当にやって良かったと感じています。

医療アートメイクはずっと長持ちすることがメリットではなく、メイク時も素顔もキレイな状態を維持することが大切ということで、より良い状態を保つために半年から1年に1回程度、タッチアップと言って濃度や色味を調整することを提案されました。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

アートメイクを体験した私の感想

女性のお顔

振り返ると、1回目は安易な考えで調べもしないでアートメイクをしたことが失敗で、2回目は自分に合っているクリニックを自分で調べて選んだことが良かったのかなと感じています。(最初からクレアクリニックさんを選んでおけばと思いましたが。)

クレアクリニックさんは、説明も施術も凄く丁寧で安心できますし、モニター価格での受付もまだやっているようですので、興味のある方は無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?ただし、モニターのキャンペーンはいつ終わるのか分かりませんので、終わってしまっていたらご了承ください。

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。